遅い対応、被害拡大招く タカタ再生法申請

2017/6/27 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トヨタ自動車、パナソニックなど、産業界ではこれまでにも品質問題によって揺らいだ企業はあった。「最近では品質問題による大手企業の破綻はまれ」(帝国データバンク情報部の内藤修副課長)であるなか、今回、タカタが製造業で戦後最大の倒産に追い込まれたのは、対応が遅かったのが原因との声は多い。

タカタ問題は初期のリコール(回収・無償修理)から既に10年近くが経過している。しかし、2016年には米国で新たな死…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]