/

この記事は会員限定です

シャープ、8K用放送機材 中堅メーカーと開発・販売

[有料会員限定]

シャープは映像機器メーカーのアストロデザイン(東京・大田)と提携し、高精細の8Kに対応したカメラなどの映像システムを開発・販売する。8Kの本放送は2018年にも始まり、シャープは対応の液晶テレビも投入する方針。各社が有機ELテレビに力を入れるなか、シャープは8K関連システムの品ぞろえを増やしAV(音響・映像)戦略で差異化する。

シャープが強みを持つ液晶やカメラ向けセンサーと、アストロデザインが持つデジタル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り363文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン