/

公道カートの安全対策議論 国交省が検討会

外国人観光客に人気の公道カートの安全対策について、国土交通省は23日、有識者検討会を開いた。今後は検討会の下に専門の作業部会を設け、車両へのシートベルト設置など具体策を議論し、早急に対策をまとめる。同省によると、カートを含むミニカーの事故は昨年、88件発生。同省の江坂行弘技術政策課長は「カートの事故は増えており、対策が急務になっている」と述べた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません