/

この記事は会員限定です

日立金属がIoTで費用200億円削減 生産効率化、3年で

[有料会員限定]

日立金属はあらゆるモノがネットにつながる「IoT」技術を活用して工場で効率的に生産管理する体制を整え、金属材料や磁石などの製造費用を減らす。製造工程のデータ収集や見える化、ビッグデータ解析を通じてモノづくりの無駄を省き、2019年3月期まで3年間の累計で200億円の費用を削減する。

従来は4部門それぞれで業務を効率化してきたが、17年3月期から全社で横ぐしを通して連携する体制に変えた。3年かけて複数の工場...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り375文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン