/

静岡の「田子の浦しらす」 地理的表示

農林水産省は23日、産地ブランドを知的財産として保護する地理的表示(GI)保護制度に、富士、沼津市沖で水揚げされる「田子の浦しらす」を登録したと発表した。県産品の登録は三島市、函南町の「三島馬鈴薯(ばれいしょ)」に続いて2例目となる。

田子の浦しらすはプランクトンが豊富な駿河湾の最北部に位置し、水揚げ港までの距離も短い。鮮度が良く、形の良い状態で水揚げされる。透明でぷりぷりした食感が特徴だ。田子の浦港に隣接した漁港食堂は、県内外から観光客が訪れる。

今後は「GIマーク」が付与され、他の産品との違いを打ち出せる。不正な地理的表示の使用があった場合は、行政が違反を取り締まることができる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン