/

この記事は会員限定です

モノ言う公的年金、議決権開示迫る 資産運用会社に

[有料会員限定]

100兆円を超える運用資産を持つ公的年金が資産を預ける資産運用会社に対し、投資先の議決権行使を厳しくするよう圧力を強めている。運用会社が投資先企業に配慮していると疑念を抱いているためだ。資金の出し手の強い意向に運用会社も従わざるを得ず、6月の株主総会は波乱含みの展開も起きそうだ。

「議決権行使の個別開示を求めます」。6月上旬、一通の手紙が運用会社の議決権行使担当者に一斉に届いた。差出人は年金積立金...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り958文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン