/

この記事は会員限定です

スターティアラボ、中国にAR作成ソフトの販売拠点

[有料会員限定]

ソフト開発のスターティアラボ(東京・新宿)は、6月中にも中国に拡張現実(AR)作成ソフトの販売拠点を開設する。上海の印刷会社など4社と組み、中国国内で需要が伸びるAR業界での活用を見込む。

上海に共同出資で販売会社の上海巨現智能科技を新設し、スターティアラボのAR作成サービス「FindAR」を中国の印刷会社やコンテンツ開発会社に提供する。

このサービスは商品の包装や雑誌の表紙を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り190文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン