ラグビー

ラグビー代表復帰のリーチ「低いプレー、全員がやらないと」

2017/6/22 11:20
保存
共有
印刷
その他

ラグビーの2015年ワールドカップ(W杯)で日本代表主将を務め、1年半ぶりに代表に復帰したリーチ・マイケル(東芝)が取材に応じ、「日本の強さは低さとスピードとアジリティー(敏しょう性)。それを全員が理解してやらないといけない」と強調し、15年W杯躍進の原点を再確認する必要性を語った。

アイルランド戦の後半、突進を阻むリーチ=共同

アイルランド戦の後半、突進を阻むリーチ=共同

17日のアイルランド戦。日本は肉弾戦で押し込まれた。「(今の日本が)まず必要なのは接点の強さ」とリーチは言う。「ラグビーの原点はコンタクトプレーとブレイクダウン(密集戦)とタックル」と考えるからだ。

接点で負けた一因として、自身を含めた精神面の問題を挙げる一方、別の理由も指摘する。「(接点での)姿勢は間違いなく高くなっている」

15年W杯までの日本は総合格闘家の高阪剛氏のもとで低いプレーを猛特訓。本番でも相手の太ももに当たるような低いプレーで前進した。今こうした姿は減った。「低いプレーを全員がやらないといけない」とリーチ。高阪氏の指導など、15年の成功要因で必要なものは再導入すべきと考えているようだ。

前回W杯の主将としての使命感は強い。「経験のある選手がもっと引っぱらないといけない。僕の責任、役割はそれ」。チームの目標意識をさらに高めるため、「19年W杯で何のために勝つのかをもう一度、選手同士で話し合いたい」。

今後は代表の仲間と過ごす時間も増えそうだ。代表強化の拠点となるスーパーラグビーのサンウルブズについて、来季からの新加入を「気持ちとしては準備している」と話した。(谷口誠)

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

ラグビーコラム

電子版トップスポーツトップ

ラグビー 一覧

リーグ2位の9トライを挙げた神戸製鋼のナエアタ=共同

 新型コロナウイルスの感染拡大により、Jリーグやプロ野球のみならず、球技の国内リーグは軒並み中止・延期や無観客試合などの対応を迫られた。異常事態のシーズンで気勢をそがれたかもしれないが、苦境でも力を発 …続き (4日 22:14)

 ラグビーのトップリーグ(TL)の三菱重工相模原は3日、所属する選手が新型コロナウイルスの検査で陽性反応が出たと発表した。TLの選手で感染が明らかになるのは初めて。
 三菱重工のグループ会社に勤務する選 …続き (3日 21:31)

 【ロンドン=共同】イングランド・ラグビー協会は2日、代表チームのエディー・ジョーンズ監督との契約を2023年ワールドカップ(W杯)フランス大会まで延長したと発表した。15年11月に就任して16、17 …続き (3日 9:00)

ハイライト・スポーツ

[PR]