イオン系、カード決済情報を加盟店間で共有

2017/6/22 1:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

イオングループのイオンフィナンシャルサービスは、日本アイ・ビー・エムと共同でクレジットカードでの決済情報の効率的な活用に乗り出す。仮想通貨の中核技術「ブロックチェーン」を活用し、国内外での決済情報を集約し加盟店同士で共有する実験を始める。カード決済でたまったポイントを独自の仮想通貨に交換して使えるようにする仕組みも検討する。

日本と海外1~2カ国の最大3カ所に実験拠点を設け、カードでの購入金額や…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]