/

この記事は会員限定です

ロボット、新分野開拓急ぐ 車部品のタツミ

[有料会員限定]

自動車関連部品製造のタツミはロボット分野の強化に乗り出す。自動車の電装品やブレーキ用部品の生産効率化へロボットの活用を拡大するほか、新規事業としてロボット用部品の開発や販売を進める。国内の自動車関連の生産が伸び悩む中、日本での生産・販売の維持拡大につなげる。連結売上高を3年間で2017年3月期に比べ2割伸ばした上で、25年3月期には120億円に引き上げる。

タツミは自動車の電装品やブレーキなどに使われる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り736文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン