/

経産相「歓迎したい」 東芝、日米韓連合との交渉決定で

世耕弘成経済産業相は21日午後、東芝が半導体メモリー事業の売却で産業革新機構を軸とした連合と優先的に交渉すると決定したことに関し「技術流出の防止や四日市工場(三重県四日市市)の雇用確保など一定の条件を満たしており歓迎したい」と述べた。経産省内で記者団に語った。

産業革新機構は同日、「東芝の取締役会での決議の内容は認識している。今後は、正式な契約に向けて、コンソーシアムとして具体的な調整を進めたい」とのコメントを出した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン