/

この記事は会員限定です

株式分布、個人の存在感また低下 昨年度17.1%

[有料会員限定]

東京証券取引所などが20日発表した2016年度の株式分布状況調査によると、日本株の個人の保有比率(金額ベース)は3月末時点で前年度に比べて0.4ポイント少ない17.1%だった。1970年度の調査開始以来、過去最低を更新した。昨秋以降の株価上昇で株式を手放す個人が多かった半面、投資家の裾野が広がらなかった。外国人投資家の保有が再び増え、年金資産などを預かる信託銀行の存在感も高まった。

個人投資家の保...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り633文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン