株式分布、個人の存在感また低下 昨年度17.1%

2017/6/21 0:06
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京証券取引所などが20日発表した2016年度の株式分布状況調査によると、日本株の個人の保有比率(金額ベース)は3月末時点で前年度に比べて0.4ポイント少ない17.1%だった。1970年度の調査開始以来、過去最低を更新した。昨秋以降の株価上昇で株式を手放す個人が多かった半面、投資家の裾野が広がらなかった。外国人投資家の保有が再び増え、年金資産などを預かる信託銀行の存在感も高まった。

個人投資家の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]