/

この記事は会員限定です

名古屋税関、5月の輸出額2位に転落 5年9カ月ぶり

[有料会員限定]

車以外の分野伸びず

名古屋税関は20日、管内の5月の輸出額が1兆3403億円だったと発表した。前年同月に比べ12.2%増えたものの、半導体関連などが好調だった東京税関(1兆3535億円)に5年9カ月ぶりに首位の座を譲った。自動車関連の輸出は堅調だったが、航空機産業など他分野でけん引役が育っていない課題が浮き彫りになった。

名古屋税関は愛知、静岡、三重、岐阜、長野の5県を管轄し、自動車や関連部品の輸出...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1113文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン