/

芥川賞、直木賞候補決まる 今村さん、温さんら

第157回芥川賞、直木賞(日本文学振興会主催)の候補作が20日付で発表された。芥川賞には今村夏子さんや台湾生まれの温又柔さんらの4作品が、直木賞には首都圏連続不審死事件をモデルにした柚木麻子さんの「BUTTER」や、今年の三島由紀夫賞にも選ばれた宮内悠介さんらの5作品がノミネートされた。選考会は7月19日夕、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれる。

候補作は次の通り。(敬称略)

【芥川賞】今村夏子「星の子」(小説トリッパー春号)▽温又柔「真ん中の子どもたち」(すばる4月号)▽沼田真佑「影裏」(文学界5月号)▽古川真人「四時過ぎの船」(新潮6月号)

【直木賞】木下昌輝「敵の名は、宮本武蔵」(KADOKAWA)▽佐藤巌太郎「会津執権の栄誉」(文芸春秋)▽佐藤正午「月の満ち欠け」(岩波書店)▽宮内悠介「あとは野となれ大和撫子」(KADOKAWA)▽柚木麻子「BUTTER」(新潮社)〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン