生コン価格が1年半ぶり上昇―東京五輪工事の本格化で

2017/6/19 22:38
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 主要な建設資材である生コンクリートの取引価格が東京都内で約1年半ぶりに上昇した。2020年の東京五輪競技施設や都心の再開発案件など大規模工事が本格化し、出荷量が持ち直している。需要回復を背景に、値上げ要請を総合建設会社(ゼネコン)が受け入れた。建設コストの増加につながりそうだ。

 主要品種である建築用生コンの東京都内の特約店販売価格は1立方メートルあたり1万3800円前後。前月に比べ200円(約1…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 6:02
6:00
関西 12:27
7:00
中国 12:27
7:01
四国 12:27
7:02
九州
沖縄
12:25
6:02

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報