ライドシェア、日本でも普及機運 ネットで同乗希望者仲介

2017/6/19 0:39
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本でもライドシェア(相乗り)が普及する機運が高まってきた。ベンチャー企業(VB)がヒッチハイクをインターネットで仲介するプラットフォームを開発し、タクシー会社が都市部で相乗りタクシー実現を目指す。シェア経済への規制が緩み、米大手のウーバーテクノロジーズも日本で事業本格化を狙う。解禁に向けた動きが高まる中、新たな競争が始まろうとしている。

「話しやすく、長距離移動特有の眠気や退屈さを感じなかった…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]