/

この記事は会員限定です

ライドシェア、日本でも普及機運 ネットで同乗希望者仲介

[有料会員限定]

日本でもライドシェア(相乗り)が普及する機運が高まってきた。ベンチャー企業(VB)がヒッチハイクをインターネットで仲介するプラットフォームを開発し、タクシー会社が都市部で相乗りタクシー実現を目指す。シェア経済への規制が緩み、米大手のウーバーテクノロジーズも日本で事業本格化を狙う。解禁に向けた動きが高まる中、新たな競争が始まろうとしている。

「話しやすく、長距離移動特有の眠気や退屈さを感じなかった」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り877文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン