2019年7月16日(火)

沖縄泡盛3社、東京へ共同輸送 混載でコスト半額以下

2017/6/15 22:38
保存
共有
印刷
その他

泡盛メーカーの瑞泉酒造(那覇市)、久米仙酒造(同)、忠孝酒造(沖縄県豊見城市)は40フィート(約12メートル)の大型トレーラーに各社の商品を混載し、東京に海上輸送する事業を始めた。通常の10フィートコンテナで独自に運ぶのに比べ、1社あたりの輸送費が半額以下になるという。今後は他の酒造所の参加を促し、月2回以上の輸送を見込む。

「泡盛トレーラー混載事業」は沖縄県酒造組合の作業部会(9社)が実施。40フィートコンテナには20トンの荷物が積載でき、泡盛なら約1000ケース分になる。今回は3社で上限に近い数量の泡盛などを積み、15日に那覇を出港。17日に東京に着く。

東京では昨年2月に運用を始めた泡盛メーカーの共同倉庫に保管する。7月には共同倉庫から問屋や酒店などへの共同配送も始める予定。各社の配送コストが削減できるうえ、小口配送も可能なため納入先からの細かな発注にも対応できる。

トレーラー混載や共同配送で削減できた経費は、県外販売のための費用に活用したいという。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。