組織犯罪処罰法改正案 過去3度廃案、権限乱用の恐れも

2017/6/15 7:18
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

▼組織犯罪処罰法改正案 殺人や放火などの重大犯罪を計画した組織のメンバーを、犯行前の準備行為に及んだ段階で処罰できるようにする法整備。政府は2000年代に「共謀罪」を創設する法案として提出し、3度廃案になった。今回は犯罪の呼称を「テロ等準備罪」に変え、犯罪の構成要件なども見直して再提出した。

法案の処罰対象はテロリズム集団や暴力団、詐欺集団などの「組織的犯罪集団」のみで、一般人の集まりを罰するこ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]