/

この記事は会員限定です

ダイト、後発薬で米国・ASEAN市場開拓 抗がん剤にも注力

[有料会員限定]

医薬品製造のダイトは新たなビジネスの開拓を進めている。抗がん剤分野と海外市場への展開だ。同社は原薬と製剤の生産体制を持ち、製剤では後発薬の自社開発と新薬の受託製造を手掛ける。薬価引き下げや海外企業勢の参入など競争環境が厳しくなる中、「ハイブリッド経営」を生かして事業拡大を目指す。

「高血圧や糖尿病など生活習慣病の薬はほぼ出尽くした。今後、伸びていくのは抗がん剤市場だ」。大津賀保信社長はこう強調する。同社...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り972文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン