/

この記事は会員限定です

米商業モール苦境に ネット通販に押され撤退相次ぐ

[有料会員限定]

【ニューヨーク=山下晃、平野麻理子】米国型消費の象徴、ショッピングモール(SM)の苦戦が国内全土で広がっている。拡大するインターネット通販に押されて店舗の閉鎖が相次ぎ、集客力を失ったためだ。ショッピングモールの苦戦は、モールの収益を裏付けとする投資商品の値下がりを招き、金融市場にも影響が広がっている。

「デッドモール」。テナントの撤退が続き、閑散としたモールは米国でこう呼ばれる。米ニュージャージー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1046文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン