井村屋グループ、我慢の投資でコスト減(点検 中部の最高益企業)

2017/6/13 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「もう一歩おいしさを追求できないか」「デザインの写真を魅力的に」。5月下旬、津市の井村屋グループの本社会議室で月1回の商品戦略会議が開かれた。浅田剛夫会長らも出席し、「だめ出し」を含めて厳しい意見を繰り出す。開発部の提案した新商品で実際に販売にこぎつけるのはごく一握りだ。

同社は2017年3月期の連結純利益が前の期比61%増え、7億1600万円と29年ぶりに過去最高を更新した。18年3月期は10…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]