飛び出すマリオ 客つかめ 任天堂、USJ施設着工

2017/6/8 23:43
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

任天堂が「マリオ」など自社のキャラクターをゲームの外に広げる。8日にはユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市)の新エリアが着工。人気キャラとの接点をつくり、家族連れなど新たなファンを開拓する。新型ゲーム機のネットサービスなどを媒介に現実世界で客を囲い込み、ゲーム機のヒット次第で大きく浮沈してきた収益の安定を図る。

特設ステージにマリオの帽子をかぶった登壇者が現れると、会場から拍手がわき…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]