/

この記事は会員限定です

生活習慣病薬、アジアに的 第一三共やエーザイ

[有料会員限定]

製薬大手がアジアで生活習慣病薬に力を入れる。第一三共は2017年度に中国の生産拠点を増強して、せき止め薬などを増産する。エーザイは潰瘍治療薬の販売で現地のバイオ医薬大手と提携した。主に手がけるのは国内で特許が切れた薬で、後発薬の攻勢にさらされているもののアジアでは所得水準の向上に伴い需要があるとみて市場を開拓する。

第一三共は中国の上海工場に約30億円を投じて生産棟を新設する。主にせき止め薬「アスメトン」や高血圧...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り654文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン