/

この記事は会員限定です

円相場と輸出の関係薄い? 政府・日銀の見方に変化

[有料会員限定]

円安が日本の輸出を押し上げる効果は限られる。政府・日銀が最近そんな理論を強調し始めた。グローバルな生産分業を進め、円安でも海外で値引きを控える日本企業特有の事情があるという。新たな論法は、為替と貿易を絡め日本をにらむ米政権に予防線を張る意味があるが、円安を起点にしたアベノミクスの好循環への期待を自らしぼませる懸念もはらむ。

日銀は15~16日に金融政策決定会合を開く。こうした構造変化も念頭に、足元の経...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1168文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン