/

この記事は会員限定です

キス卸値3~4割高 漁獲量安定せず 店頭も高め

[有料会員限定]

キスの卸値が高い。6日の東京・築地市場では天ぷらに向く1匹40~50グラムのものが1キロ2200~2500円で取引され、前年同時期に比べて3~4割高い。まとまった水揚げがないため「5年間、上がりっぱなし」(築地の卸大手)だ。

産卵を控えた初夏から夏にかけてが最もおいしい。例年6月になると千葉県、三重県などで水揚げが増え始めるが、今年は日によって漁獲量の浮き沈みが大きく、築地への入荷量も「前年より2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り254文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン