/

この記事は会員限定です

金融派生商品に取引透明化の波 資金決済、相対から集中清算に

[有料会員限定]

金融機関などが相対で取引する店頭デリバティブ(金融派生商品)の資金決済で、取引所などの中央清算機関を通じた一括処理をする動きが拡大している。日本取引所グループ傘下の清算機関は10月にも異なる通貨間の元本・金利を交換する取引の清算に参入する。実態のわかりにくかったデリバティブ取引の透明性が高まり、過度な不安から金融危機に陥るリスクが低減されそうだ。

日本取引所傘下の清算機関、日本証券クリアリング機構(JSCC)では企...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り801文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン