一平、「九州パンケーキ」米国へ

2017/6/6 22:13
保存
共有
印刷
その他

飲食業の一平(宮崎市)は9日から、米国でミックス粉「九州パンケーキ」の販売を始める。村岡浩司社長は「自然食品志向の広がる北米での展開を進めるとともに、九州の風土や文化も紹介していきたい」と話した。

販売するのは「九州パンケーキ200グラム」と「同バターミルク200グラム」。日本食材を中心に扱っている日系の老舗スーパー、ニジヤマーケットの南カリフォルニア主要6店舗で9日から先行販売する。

さらに6月末までに北カリフォルニア4店舗、ニューヨーク1店舗、ハワイ2店舗を加えた同スーパーの全13店舗での展開を目指す。

また、ミックス粉を使ったパンケーキの「九州パンケーキカフェ」の展開も進める。フランチャイズパートナーを募り、決まり次第出店する。海外展開は台湾、シンガポールに続く3カ国目。

九州パンケーキは大分県産小麦や宮崎県綾町のアイガモ農法の発芽玄米、長崎県雲仙のもちきびなど九州産の素材だけを使ったミックス粉。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]