/

この記事は会員限定です

改憲原案、自民に多数決論 「審査会、与野党協調は困難」

[有料会員限定]

自民党内で「憲法改正原案を衆参両院の憲法審査会の多数決で決めるべきだ」との意見が浮上している。野党各党から幅広く支持を得て原案をまとめるのは困難、との見方があるためだ。野党第1党の民進党は反発し、与党内でも公明党は「与野党協調」路線を崩すことには慎重。改憲の進め方をめぐって早くもさや当てが始まっている。

「憲法施行後70年を経た。そろそろ各党が案を出して判断し、国民に決めていただく必要があるのでは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り944文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン