速報 > 地域ニュース > 四国 > 記事

豊島産廃、12日処理完了へ 発覚から40年 香川知事が見通し

2017/6/6 6:00
共有
保存
印刷
その他

 香川県は5日、豊島(土庄町)に不法投棄された産業廃棄物の無害化処理が12日にも完了するとの見通しを明らかにした。産廃は住民と県による公害調停条項の期限だった3月末までに処理施設がある直島(直島町)に搬出済み。直島での焼却・溶融処理を進めていた。跡地の地下水汚染対策や関連設備の撤去は残るが、発覚から約40年を経て、産廃90万トンの処理が終わる。

 浜田恵造知事が5日の記者会見で、12~16日の間に処理が完了するとの見通しを示し「トラブルがなければ、12日に終了の見込みだ」と述べた。4月時点では予備日を含め20日ごろ完了としていた。

 1980年前後から、業者が摘発される90年までに不法投棄された産廃は約90万トン。県は業者への適切な指導を怠ったことなどの責任を認め、2003年から島外への搬出と、直島に新設した施設での無害化処理をほぼ同時進行してきた。

 今年3月末の期限が迫る中で、推計量は相次ぎ上振れした。このため、県は島外搬出を優先して船による運搬量を一気に上げ、処理が追いつかない産廃について、直島の施設内で一時的に保管し、順次作業に入っていた。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ速報トップ

関連キーワードで検索

産業廃棄物浜田恵造香川県

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 2:00
2:00
関東 9:59
2:00
東京 11:34
1:00
信越 2:00
2:00
東海 11:30
4:00
北陸 2:00
2:00
関西 12:00
11:30
中国 2:00
2:00
四国 2:00
2:00
九州
沖縄
12:16
11:30

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報