/

この記事は会員限定です

MMJの原料乳買い取り バター用、飲用と同価格で

[有料会員限定]

独立系生乳卸のMMJ(群馬県伊勢崎市)は、バターに加工する原料乳を飲用と同じ価格で酪農家から買い取る。加工用の原料乳は飲用の7割程度の価格が一般的だが、同じ価格で酪農家から買い付け、農協系組織による事実上の加工用原料乳独占に一石を投ずる。中間流通を省いてメーカーや小売店に直接販売することなどで、利益は確保できる見通しという。

茂木修一社長が日本経済新聞の取材に明らかにした。生乳流通の9割以上を占め...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り781文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン