/

この記事は会員限定です

トヨタなど、AIで高齢者の運転支援 18年にも実験

[有料会員限定]

トヨタ自動車と神奈川工科大学などは高齢ドライバーによる事故を防ぐため、安全運転を支援するシステムを開発した。車載カメラなどの情報から周辺の状況を把握し、人工知能(AI)が適した操作を分析。自動ブレーキをかけて速度を落としたりハンドル操作を促したりする。2018年にも千葉県柏市の公道などで実証実験し、20年代前半の実用化を目指す。

交通死亡事故は減少傾向にあるが、高齢者による事故は減っていない。ハンドル操作のミ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り490文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン