/

この記事は会員限定です

NECなど、逆光・物陰でも人映す AIで画像

[有料会員限定]

NECと東京工業大学は、障害物の死角や逆光、煙や霧などに隠れた人を見つけることができる画像処理技術を開発した。可視光と遠赤外線で撮影した2種類の画像を人工知能(AI)で合成すると浮かび上がる。自動運転や施設監視などの用途を見込み、2年後の実用化を目指す。

遠赤外線をとらえる特殊なカメラは、逆光や煙などの影響を受けずに撮影できる。車の後ろのように、通常のカメラでは認識できない物陰の人もとらえられるが、解像...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り416文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン