2018年2月20日(火)

GPIF、新日本監査法人を提訴 東芝会計不祥事で

2017/6/3 1:37
保存
共有
印刷
その他

 東芝の会計不祥事を巡り、公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が会計監査を担当した新日本監査法人に対し、約35億円の損害賠償を求める訴えを東京地裁におこしたことが2日、分かった。GPIFが監査法人を提訴するのは初めて。

 GPIFは個別企業の株式を直接保有できず、信託銀行などに運用を委託している。このため、GPIFが保有する国内株式を管理する日本トラスティ・サービス信託銀行が原告となって5月17日付で提訴した。

 GPIFは監査の内容による不備で損失を被ったとして、提訴に踏み切ったものとみられる。東芝の会計不祥事を巡っては、GPIFはすでに東芝に損害賠償を求める訴訟を起こしている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報