/

GPIF、新日本監査法人を提訴 東芝会計不祥事で

東芝の会計不祥事を巡り、公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が会計監査を担当した新日本監査法人に対し、約35億円の損害賠償を求める訴えを東京地裁におこしたことが2日、分かった。GPIFが監査法人を提訴するのは初めて。

GPIFは個別企業の株式を直接保有できず、信託銀行などに運用を委託している。このため、GPIFが保有する国内株式を管理する日本トラスティ・サービス信託銀行が原告となって5月17日付で提訴した。

GPIFは監査の内容による不備で損失を被ったとして、提訴に踏み切ったものとみられる。東芝の会計不祥事を巡っては、GPIFはすでに東芝に損害賠償を求める訴訟を起こしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン