/

ドローン 屋内自動制御 ジツタ、GPS代替にレーザー

測量機器やソフトの設計、販売を手がけるジツタ(松山市)は全地球測位システム(GPS)を使えない屋内でも、ドローンを自動で制御できるシステムを開発した。土木現場の測量では、レーザー光を使って位置を把握する技術が使われており、これをドローンに応用する。既存の技術を活用し、屋内でのドローンの自動運転を低コストで実現する。

ドローンにレーザー光を送受信できる機能を付けることでGPSが使えない場所でもドローンの飛んでいる位置を把握できるようにした。タブレット端末用のソフトを開発しており、位置データを処理計算することで、目標の位置まで飛ばすことができる。

ドローンは通常、GPSで制御しているため、GPSが感知されにくい屋内ではドローンを手動で操縦するしかなかった。レーザー光を送受信する装置は土木現場の測量などで使われている。既存の技術を応用することで年間30万~40万円程度のソフト利用料で、屋内でのドローンの自動運転が可能になる。

すでに建設会社などから引き合いが来ており、今月中旬にも実用化を目指す。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン