/

この記事は会員限定です

AI×画像処理でがん診断 米エヌビディア、次は医療

[有料会員限定]

米画像処理半導体(GPU)大手のエヌビディアが日本で医療機器向け事業に乗り出す。病院で使うコンピューター断層撮影装置(CT)などに自社の半導体を組み込み、人工知能(AI)でがんの可能性が高い部分を探し出す。同社はトヨタ自動車と提携するなど自動運転分野で存在感を高めている。高い技術力を医療分野にも応用する。

国内ではエヌビディアと販売代理店契約を結ぶ半導体商社の菱洋エレクトロと共同で、CTやレント...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り597文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン