カードローン、全行見直し 九州・沖縄21地銀 過剰融資批判に対応

2017/6/2 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

九州・沖縄の地方銀行が消費者向けカードローン融資の見直しに乗り出している。全国銀行協会の申し合わせを受け、全21行が宣伝手法や融資の審査体制の改善に動く。「過剰融資」との声が上がる中、消費者保護やリスク管理の観点から銀行が自律的に対応を進めていることが明らかになった。

日本経済新聞が九州・沖縄に本店を置く地銀21行に5月中旬に質問状を送り、同月末までに全行から回答を得た。

銀行のカードローンを巡…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]