JR仙台駅ビル、増床し開業 東北初など17店

2017/6/2 7:00
保存
共有
印刷
その他

JR仙台駅の駅ビル、エスパル仙台の東館が1日、増床し開業した。東北初出店となる食品スーパーの成城石井をはじめ、飲食店や食料品店など17店舗が入居した。駅を利用する幅広い客層の獲得を狙う。

増床部は19日に開業する駅直結のホテル「ホテルメトロポリタン仙台イースト」の1、2階部分にあたる。延べ床面積は約2100平方メートル。エスパル仙台を運営する仙台ターミナルビルの新妻博敏社長は1日の式典で「今回の増床は食に特化したのがポイント。駅を利用する人に十分なサービスを提供できるようになった。仙台駅東口の顔にしたい」と述べた。

1階にはレストランが入り、2階の「青の葉デイリーマーケット」には総菜店や薬局などを集めた。正午の開店直後には多くの客が訪れ、成城石井では入場制限する盛況ぶりだった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]