/

この記事は会員限定です

日揮など、LNGプラント7000億円受注 東アフリカで洋上型

[有料会員限定]

日揮はアフリカ東部のモザンビークで洋上液化天然ガス(LNG)プラントを受注した。受注総額は約7000億円規模で、うち日揮の受注分は約1500億円。資源価格の低迷でLNGプラントの新設案件は滞っていたが、新興国など今後の需要増を見越した大型投資が動き出した。

受注したのは、イタリア炭化水素公社や中国石油天然気集団(CNPC)、韓国ガス公社などが開発するプラント。日揮は仏テクニップや韓国のサムスン重工業と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り818文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン