/

この記事は会員限定です

シェア事業に認証制度、1日開始 官民連携で成長後押し

[有料会員限定]

民泊やカーシェアといった「シェア事業」に関する国内認証制度が6月から始まる。シェア事業を今後の成長分野と位置づけ、官民で協力して事業環境を整える。新制度を土台にし、大手損害保険会社は専用保険の販売に乗り出す。新たな市場の創出と拡大に向けて、海外企業の呼び込みと日本企業の海外展開の双方を目指す。

シェア事業は、個人のモノや空間、技術の売買や貸し借りをインターネットで仲介する仕組み。様々な分野での拡大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り762文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン