/

この記事は会員限定です

仙台に物流倉庫が続々 市が沿岸部で誘致

[有料会員限定]

仙台市周辺で物流倉庫の新設が相次いでいる。今春、大和ハウス工業が市内で複数の大型倉庫を稼働・着工したほか、地元の運輸会社の新設計画も進む。インターネット通販の普及による需要拡大に加え、東日本大震災で津波被害を受けた沿岸部の市有地活用策として、市が倉庫などの誘致を積極的に進めていることも背景にある。

大和ハウス工業は3月、仙台港近くに敷地面積約5万9千平方メートルの大型物流倉庫を完成させた。1万5千平方メートル前...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り750文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン