/

この記事は会員限定です

保育施設22万人分追加 政府、20年度末待機児童ゼロへ

[有料会員限定]

政府の認可保育施設に入れない待機児童の解消に向けた新計画の骨格が分かった。2018年度から20年度までの3年間で新しく22万人分の受け皿を整備し、同年度末までに待機児童ゼロを達成する。さらに22年度までに10万人分程度を追加し、5年間で女性の就業率が80%になっても待機児童がでないよう整備をめざす。17年度末としていた解消目標を3年先送りする。

安倍晋三首相が31日に新計画を表明する。必要な財源を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り283文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン