保育の現場ITで負担減 大手、離職多く対策急ぐ

2017/5/30 1:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

保育大手がIT(情報技術)で現場の作業効率を高める。こどもの森(東京都国分寺市)は登園・退園時刻を専用アプリで記録できるシステムを導入し、グローバルキッズ(東京・千代田)は保育士が書く日誌を電子化する。保育士の有効求人倍率は3倍近い高水準が続き離職者も多い。中小事業者が多い保育業界はIT投資が遅れていたため、職員の負担軽減策を急ぐ。

こどもの森は神奈川県内の認可保育所で保護者がスマートフォン(ス…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]