/

この記事は会員限定です

明治大、糖尿病の合併症再現 遺伝子操作のブタで

[有料会員限定]

明治大学の長嶋比呂志教授らは、遺伝子操作したブタを使い、失明につながる網膜症や腎不全など糖尿病の合併症を再現した。飼育を続けると、血管がもろくなって人間とよく似た合併症が表れた。マウスのような小動物では再現できていたが、大型の哺乳類ではなかった。合併症を引き起こす仕組みの解明や治療法の研究に役立ちそうだ。

糖尿病は血糖値を下げるインスリンをうまく作れなくなることなどで発症する。高血糖で血管や神経が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り390文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン