テクノシステム、牛ふんを発電に活用 熊本・沖縄で

2017/5/28 23:38
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 機械メーカーのテクノシステム(横浜市、生田尚之社長)はメタンガスを活用したバイオマス発電事業に参入する。熊本県に出力800キロワット、沖縄県石垣島に550キロワットの発電所を建設し、2018年春に稼働させる。地元の酪農家と協力し、地域で処分に困っている牛のふんをエネルギー源として活用する。

 バイオマス発電は動植物などの生物資源を燃焼させて発電する。牛ふんを使う場合、メタンガスの発生率が低いという…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 13:42更新
9:41
東北 22日 20:18
21日 2:00
関東 2:22
2:21
東京 15:01
20日 21:50
信越 0:14
21日 2:00
東海 14:00
14:00
北陸 2:18
20日 21:30
関西 2:18
22日 20:27
中国 22日 21:57
21日 2:00
四国 21日 1:31
21日 1:31
九州
沖縄
12:00
11:40

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報