/

この記事は会員限定です

首都圏で「カールショック」 販売4倍、近畿でも2倍に

[有料会員限定]

「さよならカールおじさん……」。25日に明治がスナック菓子「カール」の東日本での販売終了を発表した。ネット上では「私の住む街では食べられなくなるのか……」などと惜しむ声が相次いだ。スーパーでは駆け込みで買う人が急増。小売り側の混乱も見られるほどで、「カールショック」が広がっている。

首都圏地盤の食品スーパー、サミットでは25日のカール4品の販売数量が24日比約6倍と急伸。関東と関西に店舗を構える...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り433文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン