市バス1日券の値上げ検討 京都市長「あらゆる角度から検討」

2017/5/27 6:00
保存
共有
印刷
その他

門川大作京都市長は26日の記者会見で、一部の市バスなどが乗り放題となる「一日乗車券」の値上げを検討していることを明らかにした。観光客増加で市内のバスが混雑しているため、観光客らが使う一日乗車券の価格(現在500円)について「あらゆる角度から検討していく」と語った。

市は同日、市営地下鉄の利用者数目標を当初計画より2年早く達成したことも明らかにした。2009年度から18年度までに1日あたり5万人増やして37万5千人とする計画だったが、16年度で37万9千人に達した。市営地下鉄は公営地下鉄で唯一の「経営健全化団体」に指定されている。

市営地下鉄と市バスを含む16年度の利用者数は74万2千人。19年度までに80万人に増やす新計画をまとめた。門川市長は「市バスとの連携はもちろん、民間事業者とも協力して利用を促す」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]