/

印後発薬最大手のサンファーマ、17年3月期純利益5割増

■サン・ファーマシューティカル・インダストリーズ(インド後発薬最大手) 26日発表した2017年3月期の連結決算は、新興国での販売が好調で純利益が696億ルピー(約1200億円)と前の期に比べて53%増えた。

インドやロシアなどで薬の販売が伸びたほか、日本でスイス製薬大手ノバルティスから14種類の特許切れ薬を買収したことも寄与した。主力の米国は薬価の値下がりなどが響き横ばいにとどまった。

売上高は3026億ルピーと9%増えた。地域別ではシェア約9%で首位のインドではブランド医薬品などが伸び、8%の増収だった。新興国ではロシアでの企業買収などが貢献し、売上高が23%伸びた。医薬品の有効成分である原薬の販売も好調だった。研究開発には売上高の8%弱に当たる231億ルピーを投じた。

(ムンバイ=早川麗)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン