/

この記事は会員限定です

三浦九段に慰謝料「円満解決」 ソフト騒動で将棋連盟会長

[有料会員限定]

対局中のコンピューターソフト不正使用を疑われた将棋の三浦弘行九段(43)が竜王戦七番勝負などへの出場停止処分を受けた問題で、日本将棋連盟は24日、三浦九段の経済的損失に対して慰謝料を支払うことで合意が成立したと発表した。金額は明らかにしていない。東京都渋谷区の将棋会館で記者会見した佐藤康光会長(47)は「円満解決した」と語った。

週刊誌の取材に対して三浦九段の不正使用を示唆する発言をした渡辺明竜王...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り512文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン