埼玉県内3信金、前期実質業務純益減少 マイナス金利響く

2017/5/25 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

埼玉県内に本店を置く4信用金庫の2017年3月期決算が出そろった。本業のもうけを示す実質業務純益は16年3月期に比べて3信金で減少した。日銀のマイナス金利政策で低金利競争が激化し、貸し出しを増やしても収益増につながりにくい状況が続く。投資信託販売などの手数料収入の強化や業務効率化による経費削減を進め、厳しい経営環境に対応する。

実質業務純益は川口信用金庫(川口市)が前の期比69%減の10億円だっ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]