工作機械、中国特需は本物か 4月受注額2.4倍

2017/5/24 0:54
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

工作機械の中国特需が続いている。日本工作機械工業会(東京・港)が23日発表した4月の受注額(確報値)によると、中国向けは311億円と前年同月の2.4倍に増えた。中国企業が「世界の工場」としての競争力を保つため、スマートフォン(スマホ)や自動車の工場で省力化投資を進めているためだ。一方で中国経済は投資が過熱気味で、機械需要もバブル懸念を拭えない。

「外需は強含みになってきた。中国の盛り上がりが全体…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]